これだけでOK!効果最強!虫よけスプレーはディートで決める!!

musiyokehedda

刺されたく無いんです。とにかく刺されたく無い。だからむせかえるほどにスプレーをまき散らしたり。

人間さえも死にそうな勢いで蚊取り線香を焚いたり。

間違ったオシャレと思われるくらい。虫よけリングを四肢に巻き付けたり。

虫に刺されないかわりに色々なものを失いました!ただあれを購入してから、あれだけで憎き虫さされを予防する事ができました。

ずばりあれとは『池田模範堂 ムヒの虫よけムシペールα 』

ムヒの虫よけムシペールα

dsfasdft

rakuten ムシペールαの最安値を確認 dfgdgdfgf ムシペールαの最安値を確認

パウダーインタイプのガス噴射タイプと、液体プッシュタイプの製品がありますが、ガスタイプは嵩張って持ち運びに不便ですし、虫よけ成分を吸引しやすいので自分はプッシュタイプを利用しています。

なぜ、ムヒの虫よけムシペールαなのか?

虫除け効果はディートという成分によって決まっています。この成分が医薬部外品の虫除けスプレーだと10%以下

しかしムシペールαは国内で唯一!虫よけ成分のディートを12%配合しています。

正直この数値が数%違った所で効果が、どのくらい変わるのかというと自分も科学的には説明出来ませんが、このスプレーを使って以来ほほ、蚊に刺されていません。

効果が強いだけに注意も必要

しかし、このディートという成分はやはり虫をよける成分ですので、人体にとって好影響を与えるものではありません。

基本的には影響が無いという判断。そしてテストの元販売されていますが、小さいお子様などは出来るだけディートを含まない、自然由来の虫よけを選ぶ方も少なくありません。

お子様への使用はディート成分が高配合の本商品よりも天然由来のものを自分としてもお勧めします。また自分も顔に関してはオーガニックのものを使っています。

天然成分 子供も安心して使える虫よけスプレー アロベビー オーガニック虫除けスプレー 赤ちゃん用

oganikkumusiyoke

rakuten  オーガニック虫除けスプレー dfgdgdfgf  オーガニック虫除けスプレー

そんなにに多くの商品を試した訳ではないのですが、オーガニック商品の中では一番虫よけ効果が強いと感じました。

またヒリヒリ感なども無いので顔にも使いやすいです。

一番効くかゆみ止め それでも刺されてしまったあなたに ムヒアルファーEX

muhiarufa

rakuten ムヒアルファーEXの最安値を検索 dfgdgdfgf ムヒアルファーEX最安値を検索

そこまでしても刺されてしまう事もやはり少なくありません。その場合搔き壊して症状を悪化させないためにも、かゆみ止めを服用しましょう。

自分は『ムヒアルファーEX』を使用しています。局所麻酔成分クロタミトン。プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(市販薬の中では強めのステロイド)

という市販薬の中では成分的にもかなり効果が期待出来る商品です。蚊に刺されだけでは無くブユやクラゲにも対応しますので、海に行くときなどは特に重宝します。

ただステロイドに抵抗があるという方もいると思いますので、そういう方は非ステロイド(プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルを含まない)ムヒアルファSがよいでしょう。

炎症を抑える効果小さくなりますが、局所麻酔成分は含まれているのでかゆみ止めとしての効果は強めの市販品になっています。

他にもムヒシリーズ以外でも成分に注目して商品を選ぶとよいでしょう。

虫刺されを甘くみている方へ

僕の子供時代なんかは、虫刺されなんてかゆいだけ!そんなものは我慢しなさい!的な雰囲気が日本中に漂っていました。

しかし最近では、温暖化の影響もあり熱帯地域の伝染病(デング熱)が流行したりとかゆいだけと甘くみられない状況になっています。

また蚊に何度も刺されるうちに体の中でアレルギー反応を引き起こし、発疹、発熱、水疱などを引き起こす場合もあります。

ですので、痒いだけと甘く考えず、虫刺されの可能性がたかまるシーンではしっかりと虫よけで対策をする事をお勧めします。

追記、蚊アレルギーとは?

最近蚊アレルギーが話題になっています。

正式名称を慢性活動性EBウイルス感染症と言います。主に蚊の唾液に含まれるEBウイルスを免疫器官が過剰に攻撃するようになることよって引き起こされるアレルギーの事をさします。

症状には大きく分け2パターンあります。

『即時反応型』

さされてから比較的早い段階で、強いかゆみ、腫れ、発疹などの症状が現れます。これらの症状は通常の蚊に刺されでも普通におこりますが、症状がひどい場合などは病院に行かれる事をお勧めします。

『遅延型反応』

刺されてから1日~2日たって、腫れ、発疹、水疱など症状が悪化するタイプがこれにあたります。

乳児の時期に多い反応で、さらに悪化すると全身に発疹が出たり、発熱、下痢などを引き起こします。こ場合は症状がここまで来る前に病院に行かれる事お勧めします。

コメントを残す